ウーマン

毛穴のたるみは気になる悩み|女性の宿敵を撃退

肌に浸み込むビタミンC

スキンケアする女性

ビタミンCは浸透しにくい

最近、化粧水やクリームなどにビタミンc誘導体入りと謳ったものをよくみかけます。一体これはどのようなものかご存じでしょうか。昔から肌によい成分の代用格として扱われているビタミンC、このビタミンCには抗酸化作用があり、紫外線や日常のストレスなどから発生する余分な活性酸素を取り除く働きがあります。また、シミの元となるメラニンの生成を抑え、肌の老化を防ぎ、美白効果をももたらします。しかし残念ながらこのビタミンCはそのままでは肌に浸透しにくい上、不安定な成分であるため化粧水などに混ぜ込んだとしてもその効果は殆ど発揮できません。それを解決したのがビタミンc誘導体です。これはビタミンCに化合物を結合させて肌に浸透しやすいように人工的に作られた成分で、この形で化粧水などに配合すると、ビタミンCの効果を肌で発揮できるようになったというわけです。

早くて深い浸透具合

ビタミンc誘導体の魅力がビタミンCと同じ抗酸化作用やメラニンの抑制といったものだけであれば、ビタミンCのサプリを口から摂取すればよいはずです。しかしなぜビタミンc誘導体入りの化粧品は人気があるのでしょうか。ビタミンc誘導体は大きく分けて水溶性ビタミンc誘導体と脂溶性ビタミンc誘導体の2つに分けることができます。化粧水などに使われる水溶性ビタミンc誘導体は肌への吸収性が高く、短い時間でその効果を発揮することが可能です。一方、クリームなどに使われる脂溶性のものはスピードこそありませんが水溶性より浸透率は高く、肌の奥まで届きます。この肌への浸透度、またその速さこそがビタミンc誘導体の人気の秘密なのです。美白、美肌を目指す方はビタミンc誘導体入りの化粧品でその効果をぜひ試してみてはいかがでしょうか。